作品制作

なまずねこたち

昨年末から心身ともに低調気味でして、制作ペースが落ちているのですが、少しずつなまずねこたちは仕上がってきています。


↓金魚っぽいイメージの二匹。背中に鱗の模様が描いてあります。紫の子は舌を出しています。
なまずねこ

↓ヒマラヤンタイプの黒と紫。黒はちょっと口を開けています。顔が黒っぽい子は写真にうまく写りません。
なまずねこ

↓もちろん黒猫ちゃんたちも写真写りはよくありません。目の色はブルーとグリーンです。
なまずのねこ

↓灰色の二匹。目ヂカラ強め。目の色はオレンジとグリーン。
ねこのなまず

↓しましまに塗ってみたら不思議な生きものになりました。いもむしっぽくもあります。
しましまのねこのなまず


並べて置いたときの統一感みたいなものは一切考えていないので、色合いや仕上げはそれぞれ違う感じです。
スポンサーサイト

うたくじら追加分

12月7日から始まったアートラッシュ『クリスマス展』ですが、最初の2日間でうたくじらとあまみずシリーズは完売となりました。ありがとうございました!

今回はとくに、新作の「うたくじら」をもっと見ていただきたいと思い、追加分を制作しました。
↓こちらの7頭です。蓮と一緒に写してみました。蓮と鯨、およそ同じ空間にいるということはありえないような組み合わせですが…。

こちらのシリーズは、ボディや色合いはすべて同じですが、目の形や瞳の描き方で個性を出してあります。

追記にて、それぞれのくじらちゃんの紹介をします。

くじら

蓮みず

「季節はずれの遊蓮茶会」のために、蓮の蕾の生えたあまみず(通称「蓮みず」)を制作しました。

布を染めて、蓮の葉や花びらも作ってみました。
蓮の葉をいくつか並べるだけでそこが蓮池のようになります。

蓮みずは4人つくりました。

ろうたす

ろうたす

うたくじら

小さなクジラちゃんが完成しました。
体長9cm、二頭身のクジラ、「うたくじら」です。
胸ビレが球体関節になっています。

くじら

2012年の個展に出展した回鯨歌から繋がる作品で、白いザトウクジラの姿をしています。

モデリングキャストで複製した作品で、片目を閉じている子もいます。

くじらちゃん

現在制作中のくじらドールです。

胸ビレだけ球体関節になっています。
尾ビレまで含めての二頭身なのでものすごく頭が大きい…・…。
例えば猫とかウサギはいろんなデフォルメがされているのを見ますが、くじらの可愛いデフォルメってどんなかなあと思って、ザトウクジラの特徴を入れつつ可愛くデフォルメしたつもりです。

こちらの作品は、12月7日から始まるアートラッシュでのクリスマス展に出展予定です。

くじら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。