作品制作

あまみずシリーズ

これまでにたくさん制作してきたあまみずシリーズですが、今年もまとまった数を作りたいと考えています。

いろんなサイズを作ってきましたが、標準的なサイズ(ペットボトルの蓋くらいの大きさ)のものは、これまでに3種類の型を使ってきました。
今年はさらに一つ新しい型を作ろう!ということで原型を制作しました。

↓ノーマルタイプと面長タイプ。
面長さんは、大陸の影響が濃い仏像みたいなイメージで濃いめの顔だちです。

あまみずぃーず

↓ノーマルタイプで、以前の型との比較。
以前のものよりも顔のパーツが大きくてはっきりしています。

あまみずぃーず

↓新型から型抜きして顔を彫ってみたもの。
面長さんは人の顔に近いバランスだからかまとまりやすいのですが、ノーマル型が間延びして見えるかも?
と思って、新型いまいちかな…と2日くらい気持ちが落ちましたが、以前の型と同じでは新しい型を作った意味がないので、この型の良さを引き出していきたいです。

あまみずぃーず

↓険しい顔の人(旧型)と、単眼の人。面長型だと単眼を縦に配置しやすいです。

あまみずぃーず
スポンサーサイト

少しずつ

年末年始は色々忙しかったりしてあまり制作は進みませんでしたが、くだものインコはじわじわ増えてきています。

くだものインコに囲まれて不安な気持ちになるなまずねこ↓。

くだものいんこ

以前に制作した「くだものさん」は、顔がないので言葉を発しない設定なのですが、この「くだものインコ」もさえずらない設定かな……。
鳴かない小鳥、ってやっぱり不気味なのかも。
ものを食べるところも想像できませんが、フンだけはしそうな気も(お尻の穴があるので)。

双頭ちゃん

双頭の子もあります。
もうわけがわかりません。

くだものインコ

先月制作した「くだものインコ」です。タイトルは変えるかもしれませんが、今のところそう呼んでいます。

くだものインコ

「くだものさん」のインコバージョンです。

私はインコと暮らしているのですが、以前からインコのお尻まわりから脚にかけてのラインが可愛いなあと思っていました。
よく、子犬やハムスターのお尻が可愛いと騒がれたりしているのを見ますが、「インコのお尻も可愛いのに……どうにか伝えられないものか」というもどかしい思いがあったので、そのあたりを形にしたかったのです。

とくに小さくてカラフルなインコは果実のような感じもするので、そのあたりを果物の形で表現できないかなあと思い、インコの脚の生えたくだものにしてみました。

くちばしや翼が無くても鳥の表現ができるのが面白いです。
いちおう、現実にいるインコのカラーリングにしてあります。

くだものさん

新メンバー「むしくい」ちゃんを加え、くだものさんが3人揃いました!

くだものさんず

右から、「みじゅく」、「むしくい」、「たべごろ」の三人です。
なんとなく三人組アイドルのようなたたずまい。センターはピンク。
こちらの三人は三人展『sillage』に出展予定。

さんず

むしくいちゃんのむしくい部分は結構ちゃんと穴が開いています。
おなかの穴は中まで貫通しています。
こうなると、虫もほしいところですが……。

むしくいちゃんあたま

むしくいちゃんおなか

くだものさん

くだものさんズ

新作の球体関節人形、「くだものさん」です。
左は「みじゅく」、右は「たべごろ」。
2年ほど前に、関節のない小さいタイプの「くだものさん」を作りましたが、今回は胴体と股関節に関節を入れてみました。

モデリングキャストによって複製したもので、和紙貼り仕上げとなっています。
サイズは、立たせた状態で16cmほど。

くだものさんとくじらちゃん

くじらちゃんt並べるとこんな感じ。