作品制作

白ひな&黒ひな

ひなびんが、白ひなと黒ひな。

「姿を変えて、また会えたね」

しろ&くろ

白ひなと黒ひなは「ひなドール」でもペアの作品として作りましたが、今回は「ひなびんが」として生まれて再会です。
「ひなドール」の写真を見ながらだと窮屈になってしまいそうで、見ずに作ったらだいぶデザインや雰囲気が変わったかも……。

しろ&くろ


↓こちらは「ひなドール」の白ひなと黒ひな。
しろあんどくろ
スポンサーサイト

ひとつめちゃん

ひなびんが、一つ目の双子ちゃんです。

ひとつめ

鉄錆色のふたり。

ひとつめ

片方は口が開いていて、二羽で阿吽になっています。
口を閉じている子の方が頭の飾りが垂れていて少し内またなので内気そうに見えます。

単眼は怖い感じになりそうで、これまであまみずシリーズと仮面でしか取り入れてきませんでしたが、今回の子たちは可愛くまとまったかなと思います。
とはいえ、単眼の人面鳥というとかなり妖怪チックな感じがしますが……。

おおきさ

ひなびんがとくだものインコ、つぼみ(まとめて鳥足シリーズと呼んでいます)と、ペットボトルのフタとのサイズ比較です。
これくらいのサイズ感です。

ミツヤサイダー

ミツヤサイダー

ミツヤサイダー

ちょうどいいペットボトルのフタがなかったので、三ツ矢サイダーを買ってきました。
手に入りやすいものの中では、このフタがいちばん可愛かったです。

ようむ

「んっ、からすちゃんの声がする……?」
「からすちゃんは、ぼくたちのヒゲをひっぱって遊ぼうとするからなあ…」

なまずねこ



「あっ、ようむちゃん!?ようむちゃんの声だったの?」
「声まねがうまいなあ……。本当にからすちゃんの声だと思ったよ」

ようむちゃんとであう



ひなびんが、ようむちゃん。

ようむちゃん

ようむちゃん

大型インコのヨウムがモチーフです。
私は実際ヨウムと暮らしているのですが、たまにカラスの声まねをしています。
人間のおしゃべりはあまり覚えないのですが、電話をはじめ家電の電子音の音まねは上手いです。

からすちゃん

「ひなびんが」の、からすちゃんです。

昨年制作した、「夜明け」というタイトルの黒髪少女人形(こちらもカラスをイメージした作品です)に使ったのと同じ毛を生やしてみました。
カラスのヒナは目が青いらしいので、この子も青い目にしてあります。

からすちゃん

並べてみました↓。

せいれつ


この「ひなびんが」シリーズは顔の部分だけ型を使っていて、ボディはひとつひとつ粘土で作ってあります。
また、顔型はぼんやりした形のもので、型抜き後に目の部分を彫りこんだり鼻のラインを変えたりして色々と手を加えるので、ひとりひとり個性があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。