日常

気がつくと

年が明けて半月も経っているのでした!今年もよろしくお願いいたします。
そして、長らくブログを放置していましたが、昨年末の「人形展Doris」は盛況のうちに終了しました。ご来場くださった皆さま、ありがとうございました。

この展示では搬入をお任せする形になり、在廊できたのも少しでしたが、あれから妙にやる気が湧いています。「本を読むこと」への意識も変わってきた部分があります。
まだまだ、自分のやり方(人形制作にしろ本との付き合い方にしろ)は未熟で不十分だという意識が強いのですが、少しずつ自由に、柔軟になってきているかなと思ったり。
私は子どもの頃から自分のことをガチガチに束縛してきたという思いがあるので、どれだけ自由になれるか、が生涯のテーマかもしれません。

年末年始は主に読書をしていまして、二十数年ぶりにミヒャエル・エンデの『はてしない物語』を読んだりしました。この本の装丁は本当に素晴らしく(本に出てくるものとまったく同じ「あかがね色」の絹張り)、何度も表紙を光に傾けて蛇の絵を眺めたものです。子どもの頃に好きだったもの、大人になってから触れてみると新たな発見があったりして面白いです。
スポンサーサイト

本棚

作品制作とは関係のない日常のお話です。

家の中をリフォームして本棚を作りました。
本をジャンル別に整理して、いくらか処分もして、(本の整理はまだ終わっていませんが)スッキリしています!

こうやって本を並べて背表紙を眺めてみると、やっぱり紙の本は良いものです。電子書籍も利用していますが、やはり紙の本という形態は大事だと思いました。

そして、本を整理してみると不思議と読みたくなってくるもので、これまでなかなか手を付けられないでいた未読本を読んだり、十代のころに好きだったものを再読してみたり、読書ライフがますます楽しくなりました。

これまで本の再読ということはあまりしてきませんでした。
同じ本をもう一度読むくらいなら読んだことのないものを……という意識がありましたし、ミステリが好きなので「トリックが分かっているものは読んでも初読時の面白さは無い」と思っている部分がありました。
しかし、最近になってかつて好きだった本を再読するようになって、一度目には分からなかった部分が分かるようになっていたり、自分自身の成長や経験によって感情移入する相手が変わっていたり、色々と新しい発見がありました。
ミステリであっても、読んでから15年も経てば「面白かった」という記憶以外のかなりの部分忘れているので新しい気持ちで楽しめます。

自分という、(面白いか否かという単純な判断において)最も信頼のおける読者が選んでいる本、やはり面白いです。
まだ読めていない「面白い本」を求めてさまようのもいいですが、かつて自分を引き留めた本に今一度立ち返ること、「なぜそれが好きだったか」あらためて考えてみること、人生におけるこの年齢のこのタイミングで、結構大事なのかもと思ったりしたのでした。

2014

あけましておめでとうございます、という挨拶をせねばと思っているうちに1月も半ばになってしまいましたが、今年もよろしくお願いいたします。

昨年は思い通りに時間を使えないようなもどかしさがありましたが、今年はもっとうまく頑張れる環境を作りたいなーと考えています。

↓邪気眼あまみず


じゃきがまみず

東京タワー

ちょこっと上京してきました。

久しぶりの東京タワー。

↓皆が写真を撮るアングル。
tower
スカッと晴れているより、重たい曇天のほうがタワーが美しく見えると思います。

東京タワーの中にある蝋人形館が8月いっぱいで閉館ということで人形たちにお別れを…。
ここに来るのはほぼ10年ぶりくらいでしたが、ずいぶん雰囲気が変わったように思いました。
以前は、いかにも昭和な雰囲気の食堂があって、テーブルにはビニールのテーブルクロスが掛けてあったりしたように思うのですが、今風のフードコートになっていました。

東京タワーで開催中の「藤子・F・不二雄展」にも行ってきました。
それぞれ違った道具を持った等身大ドラえもんがずらりと並ぶさまは圧巻!

dora

他に、原画などが展示されていて見応えがありました。
何度も読んだあのお話の原画が…。

私は子どもの頃からドラえもんが好きで、漫画の中でも特に思い入れがあるのです。
幼稚園児の時入院したことがあって、その時ドラえもんの第一巻を買ってもらったのです。
そこから一生懸命漫画を読むようになって、今の読書好きにつながっています。

あらためて、いろいろと読み返したくなりました。ダークなSF短編作品もいいですよね。

会期は10月6日までと長めです。おすすめですよ~。

2012

無事新しい年を迎えることができました。
今年もよろしくお願いいたします。

2012

今年の目標は、何と言っても11月に予定している東京での個展の開催です。
新作メインで構成したいと考えており、他にもいろいろと計画していることがあります。十分に計画・準備して楽しんでいただける展示にしたいと考えています。

今年はとにかく個展の準備に力を注いでいく予定にしていますので、今のところ個展以外に展示の予定は入っておりません。
2011年は多少無理をしつつも展示の機会を多く作るようにしていましたが、今年は静かに制作に向き合います。


みなさまにとって、よき一年でありますよう。