展示の様子

代官山にて

昨年11月の三人展の最中に、少しだけ会場を抜け出して周辺で撮影をしてきました。
新作人形「キカ」です。


きか

短い時間でしたが、写真が撮れてよかったです。
やはり自然光の下で見るほうが魅力的だなと思います。
金髪が日に透ける感じも気に入っています。

きか
スポンサーサイト

クリスマス展出展作品たち

間際になりましたが、クリスマス展に出展する作品が仕上がりました。

CyvBhkGUcAA6hsq.jpg

平安工房人形展『 縁 ENISHI』開催中です。

山科の春秋山荘にて平安工房人形展『 縁 ENISHI』開催中です。


くれはさん


パラボリカ・ビスのサイトにて、私の出展作品を紹介していただいています↓。
http://www.yaso-peyotl.com/archives/2016/06/emura_arume.html

山荘周辺の雰囲気が伝わるでしょうか。
このような場所で人形と対峙できる機会はなかなかありません。

展示会終了しました。

パラボリカ・ビスにて開催されておりました『eclectic 夜想+平安工房人形展』および『ひなまつり展』は3月28日をもって無事終了いたしました。
ご来場くださった皆さま、ありがとうございました!

ひなまつり展の展示全体。


ひなだん


小さな雛壇を二つ設置してそこにひなドールたちを並べ、周りに本物の雛道具を並べて飾りました。
器にフェイクの金平糖を入れたりして、本当の雛人形の形式にはのっとっていないものの、ひなまつりらしい華やかさが演出できたかなと思います。

「ひなまつり」展に作品を追加展示しています

パラボリカ・ビスにて開催中の「ひなまつり」展に、2014年の作品「雨水童子」を追加で展示しております。

雨水の精霊のような少年の、球体関節人形です。
自然光の入る部屋での展示は初めてなので、肌の感じが綺麗に見えるかな、と思っています。

童子  童子じっと手を見る


↓こちらは2013年の作品、「雨水童子」と「ひな」。
天から地へと降ってくる間に見てきたことを生まれたばかりのひなに話して聞かせる、というちいさなおはなしを持ったふたり。
今はパラボリカで、童子は大きく、ひなは小さく(そしてたくさんに)なって一緒にいます。

ふたり




↓会場での様子(平安工房さん撮影)。
大きな雨粒と小さな雨雲、のふたり。

あめあめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。