2010年02月

ふたつめの所在

ぱーとつー

「幸福の所在」ふたつめ。
こちらのほうが、デザイン画に近いバランス。

個展では、このデザイン画も展示すると面白いかな。
ドトールの紙袋の裏に描いてあるんだけど。
スポンサーサイト

回文

回文いくつか。



腕(かいな)で抱きて聞いて、奇異なる。「見るな。生きて、生きてきたでないか」

「見るな」が気に入ってる。
何かを恥じてて、大事な人に自分の姿を見られたくない、っていうシチュエーションが好きです。


枯れた剥製縫い 急くは誰か

剥製って、枯れきってない感じがしますよね。


浮く砂の名掬う(or巣食う)

「掬う」のほうが「浮く」と対応して良いかな。
短いけど気に入ってる。


遣わす雨が泣いた 式で溺死体眺め 明日分かつ

「雨」と「溺死体」の対応。
「雨」と「泣いた」のつながり。


恥知れ鵺に化け 犬飼いが二つ追い かのやんごとなき方が 「来な」と今夜の会を伝ふが行かぬ 行けば贄、濡れ獅子は


どうぶつ、いろいろ。
濡れ獅子は、行けば贄とされることが分かっている。

ふたり

ふたり

双子だとずっと二人で喋っててこっち向いてくれないっていうか、人形と一対一じゃなくてちょっと写真撮りにくい感じがあったんですが、やっと少し撮れるようになってきたような…。

「赤い少女」っていう、赤毛の人形に使った髪の毛が残っていたので、それを濃い目に染め直して少しクセをつけてから使いました。

はこ

はこいり

箱に入れて展示するのも面白そう。
でも背中も見せたい…。

タイトル

個展のタイトルは、「ゆめみるあわ」にしようかと思っています。
アナグラムで、「あるめは(わ)見ゆ」と、なります。
無理矢理な後づけですみません。

今はDMの写真をどうするかで悩み中…。

みるくきゃんでぃ

クローンカボチャたち、たくさんできました。
瓶に詰めておくと、ミルクキャンディのようです。


あらため

「解」は、大手術が無事終了。
肩幅を狭く、肩の球を大きくしましたので、可動域が広がりました。
完成させた当初からなんとなく違和感のあった部分だったので、いくらか修正できてよかったです。
それから、全体の色をワントーン明るくしたり、睫毛を貼ったり。
だいぶ柔らかい感じの子に変わりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。