2010年12月

ありがとう2010

年越すと安寧 来年 あと少しと


年の瀬らしい回文です。
あと少し、ですね。越して安寧かどうかはわかりませんが。


以前に書いたことの繰り返しになりますが、2010年は私にとって特別な年でした。
人生にはいくつかの大きな転機があると思いますが、間違いなく今年は私にとっての転機でした。
明らかに「年表の色」が変わったんです。


まったくもって大袈裟なのですが、「これが年表の色が変わるということなんだ」って実感できたこと、人生の中でそういう経験ができたことは深く深く胸に刻み込みます…。


私は自分のことを人に認めてもらうこと、評価されること、人と関わること、そういった経験に乏しくて飢えていたんだろうと思います。
(実際はそうでもないのかもしれませんが)「精神的引きこもり」になってしまって、特にここ数年は心を閉ざして生きているような感じでした。創作活動を通して人と関わることができて、以前から言っていた「人形は私の”言葉”」ということを実感できました。


私の言葉に耳を傾けてくださった皆さま、本当にありがとう。


来年も、人形・絵・回文と、創作活動に専心してゆきたいと思います。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

DM写真

「(仮)うは兎のう」のDMを頂きましたので、配らせていただいています。

↓これは彩色前の写真。DMにはこの写真を使っていただきました。

年末年始、お天気の良い日を見計らってちゃんと写真を撮りたいと思います。

うさうさ


うさぎ展に出展する作品がひととおり完成したので、今はスッパリと制作はストップ。時間があれば読書するようにしています。
バランスよく時間を使えればそれが一番良いのでしょうが……「今は充電期間!」と思って本を読んでいます。

年末年始は読みたかった本を消化することに努め、1月下旬くらいからバリバリ制作再開していきたいと思っています。


以下、拍手お返事↓

「(仮)うは兎のう」出展作品について

ブログの最上部の記事でお知らせしております、年明けの企画展「(仮)うは兎のう」ですが、人形のほかにペン画も出展させていただけることになりました。

ですので、出展作品はトルソ男女1体ずつと、ペン画2点の計4点になる予定です。
よろしくお願いいたします。


今まで人形をメインに制作していましたが、将来的には絵と人形を4対6から半々くらいの割合で制作していきたいと考えています。
そのため、次の個展では絵と人形の展示にするつもりでしたし、できればグループ展などでも絵と人形を展示させていただく機会ができるといいなぁ、なんて考えていました。


その機会をこんなに早くいただけることになり、とても嬉しく思っています。


絵のほうはほぼ描けているので、今週中にも額装する予定です。
自分の絵を額装するのは初めてのことなので、ドキドキします…!

おえかき

↑これは出展作品ではありませんが、こんな感じの絵です。

彩色続き

てかてか

彩色ほぼ終わり。
顔はもう少し描きこみます。

いつもの感じで、色を重ねて、ツルツルに磨いて…。
しっかり色を重ねてあるのに軽やかな質感で肌に馴染む感じが、テンペラ彩色の良いところだと思っています。

今回はトルソなので、触って楽しむという感じではないかもしれませんが。


今は、レジンで作った土台に貼る包帯を染めて、乾燥させている最中です。

彩色

ようやくうさぎトルソのテンペラ彩色に入りました。
影がうさぎ型。

アルビノうさぎらしく、全体的に白っぽい仕上げにする予定。
描き目の人形は、ふたりめのナガメちゃん以来です。

うさかげ

作りかけの段階で何人かの方に見ていただきましたが、「思っていたより小さい!」という感想が。
たしかに、今までに作った中で顔のサイズは最小かも。


おえかき

あとは、久しぶりにペン画も描いてみたり…。