2011年10月

宝石の城終了しました。

グループ展「宝石の城」は無事終了いたしました。

ご来場くださった皆様、この展示を作り上げるためにご協力くださった皆様、ご一緒させていただいた作家様方、そして主催者の徳永様、本当にありがとうございました!


最終日に来場してくださったオブジェ作家のHENGEさんのブログで私の作品写真を載せていただいています。
こちらも合わせてごらんください。


<続きを読む>に、展示を通して感じたあれこれ。↓
スポンサーサイト

宝石の城☆開催中です

10月8日から開催されている宝石の城も、15日(土)で終わりです。
私は8~10日と在廊してきましたが、たくさんのお客様が来場されて賑やかでした。

私は最終日15日(土)にも在廊する予定です。


会場の様子については、以下のブログでレポートされていますのでご覧ください。
宝石の城公式ブログ
乙女屋店主ブログ
黒き血の宴



新作「キセキ眠る城 -Collect my pulse」
かいじょうふうけい


新作「底に響く -Sinking into the deep」
かいじょうふうけいくじら

会場では、これら新作のほかに旧作「半月」を展示しています。
それぞれに雰囲気の違う作品ですが、3人とも銀髪で白っぽい子たちなのでうまく調和してくれたかな、と思っています。
髪の素材も、それぞれ化繊、人毛、絹糸と、それぞれに違っているので、そういったところを比較するのも面白いかもしれません。

◆◆宝石の城◆◆ 次回展示のおしらせ

次回、参加させていただく展示のおしらせです。 
※展示が始まるまで、この記事はブログのTOPに表示します。更新された記事は、この記事の下に表示されますのでご注意ください。

ほうせきのしろ


◆宝石の城◆

会期: 2011.10.8(土)~15(土) 
12:00~18:00会期中無休/入場無料

会場: 小さい芽GALLERY
 〒 662-0046
 兵庫県西宮市千歳町6-20
 TEL&FAX 0798-33-3345 (問い合わせTEL 0798-23-8573) 

出展作家: あきこ(人形)、 稲村志摩子・稲村佳菜子(人形)、江村あるめ(人形・オブジェ)、おぐらとうこ(人形)、
木本黒陽(人形・オブジェ)、CandyJane(ペン画)、清水真理(人形・オブジェ)、中井結(鉛筆画)、natume(人形)、中村キク(鉛筆画)、古川沙織(ペン画)、ミストレス・ノール(服飾・オブジェ)

詳しくは、告知ブログをご覧ください。
 

◆在廊予定日◆
10月8、9、10、15日の在廊を予定しています。

9月の回文

9月もあまり回文を作れなかったのですが、月後半にいくつか作りました。
数が少ないので、「続きを読む」にすべて載せておきました。
数は少ないですが、結構イイのが多いんじゃないかな?と思っています。

いま淡い夜の色知る胸 貴石眠る城 祈る宵は甘い
二度の凍み鯨 胸に眠らじ 組みし喉に


この2作品は、「宝石の城」で展示する作品によせて作ったもの。
凍み鯨の回文は、鯨オブジェをイメージしました。またいずれ写真入りでご紹介します。



網膜下見極めた異夢 舞い立った今剥いた眼は君匿うも

これは回文短歌ですが、昨年作成した「網膜下見切るか剥離生け捕れと刑戮謀る君匿うも」を改変したものです。
どちらが美しいでしょうか…?


・微細索敵・ アガタ司令、天使マシン手入れしたが飽きて臭い錆

自分ではとても気に入っている作品。
臭い錆混じりの水を滴らせる天使マシンが耳障りな音を立てながら羽を軋ませる・・・。
SFっぽい世界観で、天使や神様が出てくるのが好きみたいです。