2012年01月

思い返し

ふたり

年末年始でバタバタしていてきちんとお礼を述べていませんでした。
年末の芹川画廊での展示に来てくださったみなさま、ありがとうございました!
なかでも印象に残っているのは、一昨年の京都での個展で、たまたま観光のついでに立ち寄られた方がお二方見に来てくださったことです。
偶然の出会いからご縁が続くことを嬉しく思いました。人形を作っていてよかったなあ、と。

ところで、一つ申し訳なく思っていることがあります。
個展や三人展での芳名帳についてはきちんと把握しているのですが、グループ展や企画展では芳名帳のデータをいただけないことが多く、「展示会で記帳したのに案内状が来ない…」という方がいらっしゃるんじゃないかなあ、と。
今年は秋の個展以外に展示の予定はありませんが、できるだけ効果的に配布したいと考えています。

上の写真は制作中の人形の顔。
これまで仕上げや彩色の技術に頼りすぎていた部分があるかもしれないという自覚があって、造形の段階でもっと深みをだせるようにしたいと考えています。
写真を参考にしながら表情など研究中です…。

スポンサーサイト

2011年12月の回文

2011年12月に作った回文です。
12月はツイッター上での回文祭や覆面回文(名前を伏せて回文を公開し、作者を当てるイベント)があったので、普段作らないタイプのものができました。

一応、12月に作った回文はすべて「続きを読む」のところに載せてあります。

この月のお気に入りはこのあたり。

signe(シーニュ)色聴く感覚器l'oeil(ロイュ)に意志

この無理やりな「ュ」の使い方!強引なフランス語!
自分では結構気に入ってます。意味(シーニュ)の色を聴く感覚器は眼(ロイュ)……どうでしょう?


叶わん恋の文踏み負の遺恨は中

これは、回文祭で「”回”もしくは”文”の文字を入れて回文を作る」というお題で作った作品。回と文、両方入れたのはできませんでしたが、これは結構綺麗にまとまったんじゃないかなと思います。

でも、叶わぬ恋の想いを負の遺恨だなんて言っちゃいけませんね…。


「たまんねえ」「笑顔がええねん、また」

これは、「笑」をテーマに作成したもの。
標準語と関西弁の2人が、笑顔のステキな「あの子」について話しているシチュエーションです。

2012

無事新しい年を迎えることができました。
今年もよろしくお願いいたします。

2012

今年の目標は、何と言っても11月に予定している東京での個展の開催です。
新作メインで構成したいと考えており、他にもいろいろと計画していることがあります。十分に計画・準備して楽しんでいただける展示にしたいと考えています。

今年はとにかく個展の準備に力を注いでいく予定にしていますので、今のところ個展以外に展示の予定は入っておりません。
2011年は多少無理をしつつも展示の機会を多く作るようにしていましたが、今年は静かに制作に向き合います。


みなさまにとって、よき一年でありますよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。