2012年04月

展示のお知らせ◆アート京都2012

あーときょうとでぃえむ
次回展示のお知らせです。アートイベントに参加させていただきます。

「アート京都2012」
・展示時間 :4月27日(金)11:00~19:00、 28日(土)11:00~20:00、 29日(日)11:00~19:00
・会場 :メイン会場「国立京都国際会館」/サブ会場「ホテルモントレ京都」(※私の作品が展示されるのはこちらです)
・入場料 :1,500円

サブ会場・ホテルモントレ京都507号室マリア書房のブースにて出展させていただきます。
人形作品1点と、仮面作品4点(うち2点は旧作)を展示させていただきます。

展示概要についてはアート京都公式サイトをご覧ください。
メイン会場とサブ会場では、展示時間帯が異なる部分があるようですのでご注意ください。(↑上に記した展示時間は、サブ会場のものです)


※展示が始まるまで、この記事をブログの一番上に表示させます。更新された記事は、この記事の下に表示されますのでご注意ください。
スポンサーサイト

新作 「花吹雪」

新作の人形、タイトルは「花吹雪」といいます。87cm、自作目。
トップ記事の「アート京都」に出展します。

今回はとくに顔にこだわって作りました。
久しぶりに目玉も自作です。光の加減によって、薄紫色に輝いて見えます。髪の毛と同じ色に染めた睫毛も貼ってあります。

私にとっての花吹雪は儚いものではなくて、次の季節につないでいく力強いイメージです。

はなふぶき



はなふぶき


はなふぶき

2012年1~3月の回文

今年に入ってから回文制作のほうがペースダウンしていたのですが、最近になって少しペースが戻ってきたみたいです。ツイッターのほうでぽつぽつつぶやいています。

3か月分の回文、回文のページにアップしておきました。

お気に入りはこの3つ。↓


狩る背は悔いなし 我は喰われはしない 喰わせるか

どういう状況か分かりませんが、喰うか喰われるかといった緊張感が出ていて好きです。
少し前に、吉村昭の『羆嵐』という本を読んだんですが、これが「人間が自然の生き物に喰われる」恐ろしさが存分に描かれた傑作で、しばらくの間「熊、こわい!!」と言い続けていました。
youtubeでグリズリーの動画を探して見たり…。


渋る傀儡に接ぐ踝

「傀儡」は回文に使いやすそうだなあと思って作ってみた作品。
人形をテーマにした回文を作ろうと思っても、「にんぎょう」 「ひとがた」 どちらも使いにくいのですが、「くぐつ」だとできました。


Skyで舞う クジラから時空まで生かす

以前から、「空飛ぶクジラ」というのが大好きなイメージです。
SF作品などでたまに見かけるのですが、何か元ネタがあるのでしょうか…?