2012年11月

個展「箱庭の秩序」無事終了しました

はこにわ

個展「箱庭の秩序」は無事終了しました。
ご来場くださった皆さま、ありがとうございました!

また落ち着きましたら展示レポをまとめたいと思います。
スポンサーサイト

◆◆個展「箱庭の秩序」のおしらせ◆◆

江村あるめ個展DM


江村あるめ個展 
◆◆箱庭の秩序◆◆

~「箱庭」という限られた世界の中だけで得られる自由と秩序について

京都での初個展から2年半…。2回目の個展は東京で開催いたします。
テンペラ彩色による球体関節人形、オブジェ、仮面などを展示予定。



◆会期:2012年11月20日(火)~25日(日) 11:00~19:00(最終日16:30まで) 会期中無休
◆会場:渋谷ギャラリールデコ4F
入場無料
全日在廊予定

案内状については、10月からギャラリー等への設置、11月に入ってから郵送にて配布予定です。



※個展が始まるまで、この記事をブログのトップに表示します。更新された記事は、この記事の下に表示されますのでご注意ください。

おすすめ展示会情報【更新しました】

私の個展開催中に都内で開催されている、面白そうな展示会情報を載せておきます。
展示会ハシゴのご参考にどうぞ。



井桁裕子作品展「加速する私たち」 2012年11月22日(木)~12月1日(土)12:00~19:00 @ときの忘れもの

土屋仁応個展「聞耳の森」 2012年11月15日~12月8日 @メグミオギタギャラリー

高橋葉介個展 2012年11月19日(月)~12月1日(土) @スパンアートギャラリー

山下陽子展 2012年11月17日(土)~27日(火) @啓祐堂ギャラリー

大竹茂夫展 2012年11月17日(土)~30日(金) @青木画廊 

●グループ展 《英国文学十四行詩集 》vol.1 ディケンズの夢~『大いなる遺産』と『クリスマス・キャロル』 ★[前期展示]大いなる遺産
2012年11月16日(金)〜11月25日(日) *水曜定休12:00〜20:00(最終日のみ18:00まで)
Zaroff
 参加作家:浅野信二安蘭伊豫田晃一川島朗江津匡士須川まきこSERAPHIM中村キク永井健一ひかりミストレス・ノール

たま個展【Lost Garden】~少女主義的水彩画集Ⅲ出版記念~ 2012年11月19日(月)~12月1日(土) @ヴァニラ画廊

●SIXレペルトワール展 出品作家 桑原聖美・こまつたかし・中川知洋・林千絵・百瀬靖子・山地博子
2012年11月2日(金)、9日(金)、10日(土)、16日(金)、17日(土)、24日(土)、30日(金) 13:00~19:30
 @ギャラリー オル・テール


「結合術(アルスコンビナトリア)」展 2012年11月23(金)~29(木)12:00~20:00 水曜休 @ドラードギャラリー   田中章滋 大森伸樹 Toru Nogawa 中嶋清八

個展出展作品③


「識閾下の楽園/subliminal paradise」
74.5㎝(うち10cmは土台) 2012

こちらの作品は、一昨年「黒き血の宴」でお世話になった海月さんに、土台の機械部分の制作を依頼しました。
人形の胎内に漂う海月が投影されます。
さぶりみなる

上:「沈潜(0時)」44cm
下:「沈潜(1時)」40cm ともに2012
プレDMに使った作品です。ちょっと大人っぽい顔立ちの子たちです。ちゃんと眠り目を作ったのは初めてかも。
0じ1じ

「沈潜(3時)」11cm 2012
こちらもプレDMに使った作品。頭だけの作品ですが、表情が気に入っています。
3じ

あまみずストラップ

販売用あまみずストラップを入れる袋を用意していました。

らべる

こちらはあまみず虚無バージョン用↓

らべれどもらべれども

↓袋に入れたらこんな風になります。

らべりんぐ

あまみず虚無バージョンは、クジラフィギュアに使ったのと同じメタルパーツで装飾したタイプで1個700円です。
頭に穴が開いていたり欠けていたりして虚無感の漂うバージョンです。
型抜き後ひとつひとつ手作業で装飾していますので、まったく同じデザインの子はいません。

ちなみに、ノーマルタイプのあまみずストラップは500円です。
「ストラップとしては使わないので金具無しのほうがいい」という声もあるようなので、ストラップの金具のついていないタイプのものもありますが、いずれも500円です。

個展出展予定作品②

雲間の月
2007年 52㎝
今回の出展作品の中で、最も古いものとなります。2作目の球体関節人形です。
くものあいだの


融点
2010年 70㎝
めると


ひとりごと
2010年 50cm
ものろぐ


洗われたこの世界で、もう一度
2007年 48cm
あげいん



現れたこの世界で
2009年 66㎝
あげいん2

フィギュア「界鯨歌」 追加画像

↓片方は機械の眼(という設定)、もう片方はもげてなくなっています。これから新しい眼を入れてもらえるところなのかも…。
めかめか

↓金属の眼帯のようなものをしています。
ガンタイ

↓頭部が外れてしまわないように鎖で固定されています。
くさりくさり


クジラ作品は「痛そう」な表現ばかりです。
ふだん、人形作品ではやらないことです。。
今回のクジラたちはパラレルワールドのメタファーで、完全な世界は無いが欠けていてもそれぞれに美しい、ということを表しています。

フィギュア作品「界鯨歌(カイゲイカ)」

フィギュア作品、「界鯨歌(カイゲイカ)」です。

レジンキャストによる複製品で、型抜き後一体一体ヒレや尻尾を欠けさせたり、身体に穴を開けたりした後で彩色。
その後、ピンや鎖などのメタルパーツで装飾してあるため、20頭すべてデザインが違います。
大きな胸ビレで泳ぐ姿が宙を舞うようなザトウクジラをモデルとしています。

クジラの歌
↑この鯨は、鎖で口が開かないように固定されています。

私の作品にはしばしば白い鯨が登場しますが、これらは「美しい世界」の象徴です。
「界鯨歌」は型抜き作品なので、これはパラレルワールドの表現となっています。
この鯨たちが選ばれて減っていく過程そのものを表現として考えています。

クジラの歌
↑この鯨は左目の部分から泡立って解けようとしています。


クジラの歌
↑手前の鯨は、身体じゅうにピンが刺さっています。

この「界鯨歌」は元々、人形作品の装飾品として作成したものです。
昨年の仮面展では「私の檻」という作品が装着しているペニス(原型)を複製して販売しましたが、今回の作品では人形が着けているものも複製品ですので、販売するものと作品に使われているものは同等のものとなります。
今回は、細長い鯨の形に強度を持たせるために、作品に用いるものもレジンによる複製品としました。

クジラの歌
↑腹部はこのようになっています。

「界鯨歌」サイズは11cm程度で20頭限定(サイン・エディションナンバー入りのカードを添付予定)。
ヒレや尻尾まで一体成型で型抜きしてあります。
価格は4,000円の予定。個展「箱庭の秩序」にて展示・販売します。
売約となりましたら、そのままお持ち帰りいただきますので、たくさんの中から選びたい方はお早めに。

個展出展予定作品①

甘い孤独」 
2011年 30cm
あまいこどく


長雨」 2011年 65㎝
よこたわり


赤い少女
2007年 80㎝
あかいこ


土塊の骨
2009年 90㎝
つちくれしょうねん


幸福の所在
2008年 33cm
こうふくの


幸福の所在Ⅱ
2010年 43cm
しょざい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。