2013年01月

◆次回展示のお知らせ◆

次の展示のお知らせです。
年明けに、東京でグループ展に参加させていただきます。


える★ぴす

Elpis
2013年 1月11日(金)~2月4日(月)

◆参加

荒井黒陽
中川多理
ヒロタサトミ
雨沢聖
槙宮サイ 
神宮字光
江村あるめ 


◆会場
parabolica-bis
月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00

東京都台東区柳橋2-18-11 TEL : 03・5835・1180
「浅草橋」駅(JR東口・徒歩6分/都営浅草線A6出口・徒歩4分)


◆入場料500円


うら★めん
DMの裏面。クリックすると大きくして見られます。

◆◆◆
東京個展が終わったばかりですが、ふたたび東京での展示となります。
人形ばかりのグループ展は、ほとんど経験がなかったかもしれません。

私は、個展に出展していた作品数点と、新作の人形と仮面を展示する予定です。


※会期が始まるまで、この記事はブログの一番上に表示されます。更新された記事はこの下に表示されますので、ご注意ください。
スポンサーサイト

Elpis出展作品 「針音」

ハリネ

新作の人形は、「針音(ハリネ)」と名付けました。90㎝です。

私はいつも「触ると手が切れそうな人形が作りたい」と考えています。和紙貼りで、手触りの良さそうな、温かみの出そうな素材を使いつつそういう緊張感やシャープさのようなものが出せたらいいなあ、というようなことを考えていました。
これは今後の課題になりそうです。

「針音」は、ElpisのDMに画像を使っていただいた「tell me your name」とほぼ同じサイズなので、彼女の仮面もぴったりサイズだったりします。借りて装着してみました。

てんしとおはなししてる

DM画像でも装着させているこの仮面は、羽の形をしています。
これは天使の翼で、翼が顔の表面に張りついているので天使の身体は頭の中に入っており、仮面を装着している間は頭の中で天使とお話しできる(ただし外を見ることはできない)という設定です。

個展ではこの仮面を首にかけ、背中に翼の部分がくるようにして展示していました。

Elpis会場にて

えるぴすしょうさっし


今回の展示「Elpis」の主催者である平安工房さんは、人形寫眞文庫という人形の写真集を出版されているのですが、今回の展示では人形寫眞文庫別冊ともいうべき小冊子が販売されます。(上の写真がその表紙です)

出展作家7名の作品写真が掲載された、豪華な本になります。1コイン(500円)とのことですのでとてもお得感のある内容です。

私のページでは、写真の他に回文も掲載していただいております。
ぜひぜひ、会場にてお手に取ってごらんください。

2013

次の展示に向けてアワアワしているうちに2013年になっていました!
今年もよろしくお願いいたします。

新作の人形と、仮面2点が完成したところです。
↓こちらがその人形(90㎝)。タイトルはこれからつけます…。

2o13

和紙を貼った上にテンペラ彩色を施してあります。
一般的な和紙貼り人形よりも粗い感じの和紙を貼ってあって、ガサガサとした風合いです。

実は、和紙貼りの人形は初めてというわけではなく、個展に出展したこの人形↓(「羽化」60㎝)も和紙貼りだったりします。
この人形は、実験的に和紙貼りにしてみたら片腕が骨なせいもあってミイラっぽいグロテスクな表現に見えてしまって直前まで展示するかどうか悩んだのでした。
しかし、こういう人形こそ個展でしか展示できないだろうということで出展したのですが、正解でした。

うか

胸に十字の穴が開いていて、「天使の抜け殻」のようなイメージです。

「個展でしか展示できない」とか言いつつも、「Elpis」にて展示させていただく予定です。他に、ElpisのDMにも使っていただいている「tell me your name」も出展予定です。こちらも、「こういう作品は個展でしか…!」という気持ちで制作しました。
こういう「売れないタイプの人形」を企画展で展示させていただけるということは、とてもありがたいことです。

はこにわのおもいで

↑「tell me your name」 83㎝
顔の無い人形が仮面をつけています。この仮面は、目のところに鯨(鯨フィギュア「界鯨歌」)が突き刺さっています。


↓「続きを読む」に今年の方針などをつらつらと。