2013年08月

「妖し展」終了しました。

代官山のアートラッシュにて開催されていた「妖し展」は、26日無事終了しました。
この子たちに会いに来てくださった皆さま、関心を持ってくださった皆さま、ありがとうございました。

妖し展風景

今回、会場に行くことができませんでしたが、「妖し展」は毎年お盆に行う恒例の人気企画とのこと。
ふだん人形を見る機会の無い方々にも見ていただけたんじゃないかなと思います。


雨水童子は、雨粒の波紋のような模様の入った紙と合わせて、ひなは鳥籠に入れて展示していただきました。
このサイズの、キャラクターっぽい可愛い人形は初めてでしたが、見せ方やそれを取り巻く物語性など色々と考えさせられました。
スポンサーサイト

アートラッシュ企画展『妖し展』に参加します

直前のお知らせとなってしまいましたが、アートラッシュ企画展『妖し展』に参加させていただきます。

『妖し展』
2013年8月14日(水)~8月26日(月)
am11:30~pm8:00(月曜日pm5:00まで)
定休日 火曜日(入場無料)


アートラッシュのサイト

妖し展DM
(DM画像、お借りしました)

出展するのは、以前にもブログで紹介した25cmのちび球体関節人形、「雨水童子」と「ひな」の2体です。
今回の企画展には飛び入り参加ですので、DMには名前は入っておりません。

今年は思うように制作時間がとれず、人形の展示の機会はないだろうと思っていましたが、急きょ参加させていただけることになりました。
実験的に小さくて可愛い感じの人形を作ってみましたが、ご覧いただけると嬉しいです。

ひなちゃん

うすいどうじ

会期直前のお知らせとなってしまい、申し訳ありません…。
今回は、在廊の予定はありません。

よろしくお願いいたします。

『人形寫眞文庫 雨沢聖』 届きました。

年始の展示でお世話になった、平安工房さんから、『人形寫眞文庫 雨沢聖』が届きました。
展示でご一緒した雨沢聖さんの人形写真集です。

しゃしんぶんコ

写真と、それに添えられた研ぎ澄まされた言葉たち。
雨沢さんの世界観と、生きていくことへの想い、みたいなものがいろいろと伝わってきて、静かに深く、雨沢さんの世界に触れられる感じがしました。

少し緑がかった灰白色の表紙。ハッカの香りがしてきそう…。


もう少ししたら書店にも並ぶようです。

ボレロ

ぼれろ

今作っている人形はフリルのような装飾をほどこしているので、上半身だけだとボレロのような…。

上半身と腕だけ、というのがなぜだかとても好きです。
完成してからでも、こうやって遊ぶこともできますね。

ゆるゆるペースですが、じっくり時間をかけて育てている感じ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。