2014年09月

小さな世界に

えんぴつと


前回の記事の小さい顔を載せる身体。

いつもの人形よりデフォルメの少ない人間らしい体型です。
スポンサーサイト

ちいさいの

猫目の子と雨水童子の制作をいったん中断して、別の作品を作り始めました。

今までに作ったことのない、小さいサイズのものを作ってみよう!ということで小さいものに取り組んでいます。

↓鉛筆と比べてこれくらい。
まぶたを閉じた穏やかなこの顔も気に入ってはいるのですが、ボディに対して小さすぎました。

SMLのM

↓というわけで、さらに小さいものを作り始めました。
ちょっと大きい顔もあります。大中小。

SML


↓大中小の小、を作り進めました。
小さいなりに、自分らしい顔になってきたかなと思います。

SMLのS

いつものサイズとはちょっと違った感じで、色々と勉強になります。
よく作るサイズや素材とは違ったもの(今回、粘土もいつもと違います)に取り組むのは難しいですが、面白いです!

少しずつ

ツイッターでだいぶ前にアップした写真ですが…。
作りかけの人形です。



↓この子は眼が入りました。猫の眼です。

少し先の尖った大きめの耳を、いつもより少し高い位置に付けています。
もっとはっきりと猫の耳をつけることもできますが、今回は「少しずつ」がいいかなあと思っています。
それでいて、眼ははっきりと猫の眼です。

ねこめ


↓こちらは雨水童子。
しずくのような、先の尖った形の髪型なんですが、ちゃんとしずく形に見える角度は少ないです…。

どうじ