FC2ブログ

本棚

作品制作とは関係のない日常のお話です。

家の中をリフォームして本棚を作りました。
本をジャンル別に整理して、いくらか処分もして、(本の整理はまだ終わっていませんが)スッキリしています!

こうやって本を並べて背表紙を眺めてみると、やっぱり紙の本は良いものです。電子書籍も利用していますが、やはり紙の本という形態は大事だと思いました。

そして、本を整理してみると不思議と読みたくなってくるもので、これまでなかなか手を付けられないでいた未読本を読んだり、十代のころに好きだったものを再読してみたり、読書ライフがますます楽しくなりました。

これまで本の再読ということはあまりしてきませんでした。
同じ本をもう一度読むくらいなら読んだことのないものを……という意識がありましたし、ミステリが好きなので「トリックが分かっているものは読んでも初読時の面白さは無い」と思っている部分がありました。
しかし、最近になってかつて好きだった本を再読するようになって、一度目には分からなかった部分が分かるようになっていたり、自分自身の成長や経験によって感情移入する相手が変わっていたり、色々と新しい発見がありました。
ミステリであっても、読んでから15年も経てば「面白かった」という記憶以外のかなりの部分忘れているので新しい気持ちで楽しめます。

自分という、(面白いか否かという単純な判断において)最も信頼のおける読者が選んでいる本、やはり面白いです。
まだ読めていない「面白い本」を求めてさまようのもいいですが、かつて自分を引き留めた本に今一度立ち返ること、「なぜそれが好きだったか」あらためて考えてみること、人生におけるこの年齢のこのタイミングで、結構大事なのかもと思ったりしたのでした。

スポンサーサイト